大人の英語塾で学んだ私


英語を自分なりに勉強してきた。今の状況を変えたくて。英語ができればきっと何かが変わる、そう思ったから。参考書も揃えたし、英会話にも通った。でも、まだ何も変わってないような気がする。英語ができるようになった確信もない。英語を諦めたくない…そう思ってはいるけど…諦めかけている自分もいる。


ある時インターネットで見つけた大人の英語塾。ここなら今の状況を変えられるような気がした。先生が塾の先生というところもポイント。英会話教室とは違うようだ。普段、中学生や高校生に教えている先生なら、説明も分かりやすいかもしれない。それに、もしかしたら、本を読んでも分からなかった文法も教えてもらえるかも。そう思って体験申し込みボタンを押した。

体験日を決める電話が鳴った。電話の応対はとても丁寧だ。しかも、実際に教えてくれる鈴木先生が連絡をしてくれた。これは嬉しい。相談した人と、実際に教える人が違って、相談内容が無視されることほど悲しいことはない。体験日を決めるだけでなく、いまの状況やどういう風になりたいのかなど、質問してくれるもありがたい。質問されれば答えられるけど、自分のこと自分から説明するのは結構難しいから。体験レッスンはオンラインでも埼玉の教室でも、都内の会議室でも好みのところを選べる。

実際の体験日。はじめに自己紹介。でも、この間電話で話したばかりだから、初めて会ったような感じはしない。リラックスした雰囲気での体験レッスンだ。驚いたのはレッスンの中身。どんな教材でも良いという。市販のテキストや洋書だけでなく、海外映画・ドラマもOK。飽きないものを選ぶことが一番大切らしい。たしかに、学生時代の参考書はやる気が出なかった。電話相談の時に状況は伝えてあったから、どういう風にレッスンを進めていくのか、考えてきてくれていて、実際に体験させてくれた。やっぱり導いてくれる存在がいる安心感は大きい。時間はあっという間に過ぎていった。鈴木先生は話しやすく、体験レッスンの後も色んなことが聞けた。持ってきた私の英語のテキストから、私の実力にあったテキストを選び、使い方まで丁寧に教えてくれた。大満足の体験レッスンだった。

受講を決めた。今までと違う結果を手に入れたかったら、今までと違うことをする。とりあえず半年間、鈴木先生と英語の世界に飛び込むことに決めた。目標を再確認し、私に合わせたカリキュラムとスケジュールでスタートを切る。レッスンは、先生に直接会う対面レッスンと、オンラインでのレッスンの両方がある。仕事が忙しい時オンラインは助かる。音声のみだから、自宅にいながらできるし、ジャージを着ていても、化粧をしてなくても問題なし。慣れてきたタイミングで、教室を出て外でレッスンしたのも刺激的だった。最初は外で英語を使うのが恥ずかしくて仕方なかったが、徐々にそれにも慣れていった。

大人の英語塾、正直楽ではない。楽しいって思える日ばかりではない。でも後になって振り返ると、自分のためになっていたことが分かる。今までもやもやしていた英語が、鈴木先生の解説でクリアになっていく爽快感。病みつきになるが、仕事が忙しくて、課題が終わってない時はやっぱりしんどい。愚痴を言った時もある。けれど、先生からオンラインで連絡くるからやるだけやる。連絡がくるから頑張れる、そういう部分たしかにある。今までのように自分だけだったら、続けるのは無理だった。絶対に手を止めていたと思う。どうしても課題が間に合わない時もあるが、そういう時は今までの復習だったり、ちょっとした英会話のコツ(それもかなり役立つ)に内容をアレンジしてくれたのには感動した。できなかったことを責めたり、怒られたりすることはなく、すべて学びになるようにしてくれた。この発想、かなり好き。

半年経たずして、私はジョブチェンジに成功した。実は、目標は英語スキルを高めて、仕事を変えることだった。今までの仕事、このまま続ける自信も体力もなければ未来も見れなかった。でも、いま業界は同じだが、英語を日本語にする仕事についている。責任は重いし、仕事が楽になったとは言い切れないが、納得できる毎日を過ごしている。英語を使う仕事につくという希望から私は大人の英語塾を始めた。その希望は叶った。が、思えばそれ以上に、大人の英語塾を通して身につけたことが私には大きかったと思う。継続する大切さ、継続するための工夫やコツを考えること、それから学生時代には分からなかった学ぶ理由。鈴木先生との英語を学ぶ毎日は、そんなギフトを私に与えてくれた。



さあ、準備はできました。

高い英語力と学ぶ力を手に入れたあなたはこれからどんな未来を作っていきますか?

これからが本当のあなたの人生です。胸を張って、勇気を持って、歩いていきましょう。