かっぱ巻きは翻訳できない

画像の説明

お盆には家族みんなで御墓参りの後に、
なぜか決まってお寿司屋さんへ行く鈴木家。

モー娘。のザ☆ピ〜スでも
「選挙の日ってうちじゃなぜか投票行って外食するんだ」
って歌われてますが、

似たようなことはどこの家族にもあるのでしょうか?


こないだ行ったお寿司屋さんは、
なかなかしゃれた湯呑みが置いてありまして、
寿司ネタが英語表記で書かれてるデザインなんです。

そこで気になったのは、「河童巻き」

無難にcucumber rollとなってたんですが、
日本語であえて「きゅうり巻き」とせずに
「かっぱ巻き」としたところの心が表現されてない気がして、

ちょっぴり不満です。

ただ、じゃあなんて訳すんだと言われると、困ったものでして、

河童はriver monsterとか、
water imp(impは小さい悪魔みたいな意味です)
と英訳があるのですが、

どうもこの「ッパ」のところの響きや、
なんとなくきゅうりにも合いそうな音の感じがなくなってしまいますし、

これはもうそのままKappa roll にすべきだろうという結論に至りました。
これを機に、河童という存在を世界へ知らしめてやりたいものです。


ただ、ひとつ問題があって、
〇〇rollってほとんど包まれてるものが〇〇に入るので、

Kappa rollとすると
河童が包まれてる巻き物みたくなるのですよね。

Can we eat Kappa?
I didn’t know it was edible.
…(河童って食べられるの?食用だなんて知らなかったわ)

なんて会話が世界のどこかでなされるのを想像するとちょっと笑えます。

(ちなみに、edibleはeat+ableで食べられるという意味になります、
ableを足すと可能を表せます。

ただ、eatの場合はなかなか複雑でして、
音が変化してくっついてるedibleなのか、
そのままeatbleなのかで微妙な違いがあるという人もいるようなのですが、
一般的にはedibleが使われます。)


河童巻きひとつ取っても、
日本語と英語でネーミングセンスが違うので、
(河童はきゅうり好き→きゅうり巻き=河童巻きが日本の発想、
英語だと〇〇(まかれるもの)巻き)

なにかしら英語でタイトルをつけたり商品名を考える時は、
外国人の方に通じるかたちで訳すのがいいのでしょう。

でもやっぱりcucumber rollには反対したいです笑


コメント


認証コード4075

コメントは管理者の承認後に表示されます。