3ヶ月で英語をペラペラにする方法


ぼくはずいぶん前から『クロスフィット』をやってます。

『クロスフィット』というのは、
日常生活で繰り返し行う動作をベースに、それらを満遍なくトレーニングして、
全身の機能を高めるフィットネスです。

基本的には1時間のトレーニングなのですが、
これがなかなか濃密になっていて、

WARM-UP
SKILL/STRENGTH
WOD(workout of the day)
COOL-DOWN

といった感じで、3段階くらいのメニューで構成され、様々な動作を行います。

で、これをやってたおかげでかなり身体が動くようになってきました。
週に2回くらいしかいけてないのですが、1時間集中してやるとこんなにも効果があるということを実感してます。

画像の説明

そして、このクロスフィット から着想を得て生まれたのが
「さみーングアップ」という英語トレーニングです。
ふざけた名前で申し訳ない笑。

さみーングアップは、
いつなにが起こるかわからないコミュニケーションにおいて、
瞬間的にかつ明確にメッセージを伝えることができる英語力を高めることを目的としています。

要するに、
丸暗記するんじゃなくてちゃんと実戦で使えるように覚える、
これを毎日1時間集中してワークアウトとして行い、
ペラペラになりましょうということです。


特定の状況でしか使えないフレーズを覚えただけの英語では、
形だけの情報伝達はできても、意思疎通や心の交流まではいけません。

なので、伝えたいメッセージに合った英文を自由に組み立てるスキルを身につける必要があります。

そのために3つのトレーニングをおこないます。

Grammar25分
Vocabulary15分
Reading20分

これらを集中して約1時間、できれば毎日おこないます。
そうすると、3ヶ月くらいでペラペラ話せるようになります。


Grammar Trainingでは、文法のルールや英文の型を身につけます。
例えば時制のルールであれば、現在形・過去形・進行形・完了形となにが違うのかを理解して、それぞれの基本例文を型として覚えます。


Vocabulary Trainingでは、単語や熟語を、イメージと成り立ちから理解した上で、その手触りやニュアンスを掴んで、英文の型に入れて音読します。
例えば「見る」を意味するlook/see/watchがどう違うのかを、実際に文で使いながら説明するというかたちです。


Reading Trainingは、長文や会話文を音読します。
ただ読むのではなく、"フロー"をおさえながら、どのように英文をつなげていくとメッセージができあがるのか、どうつなげればよりメッセージが伝わりやすいのかということを、実際の会話や英文から汲み取ってモノにします。


このメソッドは、例えば受験対策や英検対策、TOEIC対策にも応用できますし、
ぼくも毎日1時間はこれらのトレーニングを欠かさず行ってます。


『さみーングアップ英語トレーニング』のやり方についてもっと詳しく聞きたい方は「詳しく聞きたい」とメッセージしてください。こちらから


コメント


認証コード1782

コメントは管理者の承認後に表示されます。