英単語の学び方〜watchとseeとlook〜


英語といえば単語。
そもそも単語を知らなければ話せないし書けません。

ですが、単語もただ日本語訳を覚えるだけでは使えません。


例えば「みる」という意味の単語は、
中学で習うだけでもwatch, see, lookと3つくらいあります。

これらは本当に全て同じ意味なのでしょうか?
いいえ、実はそれぞれにイメージがあってニュアンスが異なります。


watchは映画やテレビを観るときなどに使われます。
watchの「みる」はbird watchingと表現されるように、
動いているものを注意深く見るというニュアンスです。

そこから、気をつけろ!という意味で
watch outなんて表現が生まれたり、
あるいはメール確認するねというときにもwatchが使われます。

画像の説明

続いてseeは
視野が及ぶ、視界に入ってくるという意味の「みる」です。
なので、見えますか?みたいなときには、
Can you see this?と使います。

I seeという表現は「わかりました」と訳されますが、
これは事態が全て把握された、つまり全体像が見えたという意味です。
I can’t see your point.だと、要点は何?といった具合になりますね。
見送るという意味のsee offは視界から離れる(offする)というイメージから
そのような表現になってます。

ほらね?もsee?ですね。


そしてlookは目を向ける。
これは主に自動型(SC)のかたちで使われて、
前置詞で目を向ける方向や様子を説明することで
いろんな意味を作れます。

例えばlook atはat(点)に目を向ける→見るですし、
look forは方向(for)を意識してめを向ける→探すとなります。

あとは授業とかで先生がこっち見てと
視線を誘導したいときにもlookが使われます。


特に基本単語(中学レベル)は
イメージを抑えていろんな意味を理解しておくと、
応用が効くようになって便利です。

おすすめは桐原書店から出てる
大西泰斗先生のWORDSENSEという本。

英語表現WORD SENSE 伝えるための単語力

これを1冊やっておけば基本的な単語の使い方や
イメージの応用、英語の発想になれてくると思います。

違いの分かる英語学習より


コメント


認証コード3128

コメントは管理者の承認後に表示されます。