夏休みの過ごし方

英語の勉強はやり方次第で
英語だけでなくビジネススキルまで習得できてしまうのです。

画像の説明

夏休みですね。

普段は学校で時間割があってやることが決まっています。
けれど夏休みはほぼ自分の思い通りに時間を使えます。

「時間の過ごし方」は人生の質を左右します。
あっという間に過ぎ去っていく日々をどう意識的に過ごすか、
毎日の小さな選択があなた自身を作り、人生となるのです。

だからこそ、夏休みは自らを律し、
時間をどう過ごすのかを真剣に考えて日々を創造していく必要があります。

自らを成長させる経験を積んでもらうためにこそ夏休みはあるのです。つまりは自主トレ期間ということです。


塾や予備校、自習室に通って授業を受けるだけ、
言われたことをやるだけでは、
成績はそこそこ上がるかもしれませんが、成長はありません。

自分の目標を明確にして、
やるべき課題を自ら設定し、
日々の学習を実行することが、
自律であり、成長につながるのです。


成績を上げる、
志望校に合格するというのもちろん大切だと思いますが、
それだけしか見てないと、失敗したときに何も残らなくなります。

でも、こうして自らを律する方法を学べば、
たとえ思うようにいかなくても成長はできたと胸を張って
結果を受け止められる強さが手に入ります。

なので、ぼくのところに通ってくれてる生徒さん達とは、
一人一人いっしょに夏の過ごし方計画を立ててます。
学習計画ではなく、過ごし方全般を計画立てます。

もちろん、こちらで一方的に作るのではなく、
いっしょに予定を確認しながら作ってます。
一緒に作ることで作り方のコツがわかり、
だんだんと自分でできるようになるからです。


ちなみに、こうした目標設定と課題管理は
ビジネスの世界で成功する上でも基本とされてるスキルですね。

成功する人は自分なりに、自分を律することが上手です。
マインドセットやモチベーションなんかも、
こうした技術によるところが多いと思います。


英語の習得についても同様です。
自らを動かす目標設定と課題選択ができれば、
英語は話せるようになります。

いろんな職種の生徒さんをみてきましたが、
やはり英語を習得するのが早い人は、
仕事面でもマネジメント上手ですし、
成功されてる方が多い気がします。

逆に言えば、
英語を習得するための目標設定や課題選択を通して、
英語だけでなく、成功者のマインドというか、
自分を律する技術が手に入ります。

なので、学生さんだけでなく、
大人もぜひこの夏に英語習得など、
成長の計画を立てて実行してみてください。

いくつになっても成長しようとトライする
カッコいい大人が増えれば、
子どもたちも自ら学び成長することの楽しさを知ることになって、
ステキな国になるんじゃないかなぁと、そんな妄想をして過ごす7月の終わりでした。


コメント


認証コード8878

コメントは管理者の承認後に表示されます。