小学生に英文法

画像の説明

小学生に英文法を教えたんですが、
気をつけなくっちゃいけないのは、小学英語で下手に中学や高校っぽい教え方をすると、
大抵はちんぷんかんぷんになって、英語がムズイと感じさせてしまい、
とことん嫌いになるということです。


でも逆に、
ゲームとかで遊ぼうってやってても、
中学に入ったら通用しなくて、
親御さんも生徒も不満になって、
あまりいい形にはなりません。


なので、
今のところ僕が教えてて良さそうだなと感じる方法は、
語彙を増やすことを一番において、
それをどう使うのか?で文法を
なんとなく教えていくということです。

で、昨日は英語を始めて3ヶ月くらいの子たちに対して、
単語から文法へいくところのレッスンをしました。


どんな感じかというと、

This book is interesting.
(この本は 面白い)

I read this book.
(私は この本を 読んだ)

の二つの文を比べるところから始めます。


注目するのはthis book(この本)という単語です。

上の文では、
この本は〜という意味になっているのに対して、

下の文は
この本を〜という意味になっています。

なんでだと思う?と聞いてみます。

するとほとんどの子が、
「場所が違う!」って気づいてくれます。

その通りなんです。


ラジオ英会話でおなじみの
大西泰斗先生がずっとおっしゃってることですが、

英語は「配置のことば」

なにをどう並べるか?ということを
気にしなくちゃいけない言葉なんです。

*逆に日本語は「てにをは」があるので、並べ方は比較的自由です。その自由さのせいで、あまり配置に気を使わないため、英語がわかりにくくなるんですね。


で、そのときに大切なのが、
英語はほとんどすべて
「〇〇は〜する」もしくは「〇〇は〜だ」の
どちらかになるということ。

この違いを産むのは?といえば、大雑把にいえばbe 動詞(am/is/are)か一般動詞かの違いだけです。

なので、小学生に限らず、
英語がちんぷんかんぷんという人は、まずこの2点

英語はなにをどう並べるかを気にすふ
おおまか「be動詞と一般動詞の文がある

と抑えてもらうと、
見方が変わるんじゃないかと思いますし、
少なくても小学生はこれで練習すると(この単語はここにおくとどんな意味になる?この文はたbe動詞と一般動詞どっち?)ってやっていくと、
中高で全然困らずむしろ文法も得意になるのでめちゃくちゃおすすめです。


コメント


認証コード7816

コメントは管理者の承認後に表示されます。