【秘密の話】英語講師が英語ができる理由

当たり前ですが
英語講師で英語ができない人はいません。
(と信じたいものです笑)


英語を教える講師が英語ができる理由がわかりますか?
それは「教えている」からです。
禅問答のように感じるかもしれませんが、
実際に講師を経験されたことがある人はお分かり頂けると思います。


画像の説明


人に教えるともなれば、
よりわかりやすく説明をして
生徒さんにしっかりと理解してもらおうと努めるため、
細かい点までしっかりと勉強するようになります。


なぜならもし生徒さんから質問された時に
答えられなかったらマズイからです。


そして、きちんと勉強した内容を、
いろんな場面で説明するようになります。


例えば学校の教師であれば、
クラスをいくつも持つため、
同じ単元や内容のところを
何度も説明することになるはずです。


すると、毎回発見と反省があります。
授業をしながら、あそこはこういう意味だったのかとか、
そういうことかとストンと落ちてくることがあるのです。


そうやって、理解をブラッシュアップしていき、
よりわかりやすい説明ができるようになっていきます。


そういった積み重ねが
いつしか自信につながります。
だから英語ができるようになるのです。




英語に限らず、何かを学ぼうと思ったら
人に「教える」のが一番です。


学習ピラミッドというものがありますが、
それでも「人に教える」というのが
もっとも定着率の高い学習スタイルとされています。


インプットの質ももちろん大切ですが、
いくら素晴らしい授業を受けても、
それでおしまいにしていては身につきません。


だから、同じように説明ができる状態まで
あるいは、ならった英文をすらすらと使えるレベルまで
練習をしなくてはならないのです。


よく読んだ本の内容を
すぐにシェアすると忘れないと言われますね。
あれと同じことです。


英語がなかなかできるようにならないという人は、
ぜひ「人に教える」機会や環境を作りだしてみてください。
新しい視点で学習ができるようになるはずです。

コメント


認証コード4339

コメントは管理者の承認後に表示されます。