【残念な話】TOEIC800なのに話せない…

久しぶりにTOEICでも受けようかなと思い立つと
大抵は申込締め切りが過ぎている男、さみーです。


画像の説明
*いつぞやかTOEICを受けた後の、ちょっとお疲れなさみー


英語の資格試験ってたくさんありますよね。
英検・TOEIC・TOEFL・IELTS・TEAP…
最近は大学入試改革の影響で、
高校生・大学生を中心に、
いま以上の英語資格ブームがやってきそうな勢いです。


でも残念なことに、
こういった資格を持っていても全然「話せない」とか
「意味がない」という声をよく聞きます。
実際、ぼくの生徒さんにも
TOEICで800だけれど全然話せないんです
という方がいらっしゃいました。


それはなぜかといえば
これらの資格試験は英語の「話す力」とか
「コミュニケーションする力」だけを測定しているわけではないからです。
悪く言えば、テクニック的なものを身につければ
それなりに点数は取れてしまいますし、
やはり筆記試験に重きが置かれているのは否めません。


とはいえ、こういった資格試験というのは
モチベーションにアップにもつながりますし、
会社の昇進や転職で必要になったりもするので、
単純に「話せるようにならない」からと行って
切り捨ててしまうべきものではないと思います。


むしろそこで得られたものを、
あなたの目的に合わせて
「使える」レベルにつなげていく必要があるのだと思います。


ビジネスで英語を使って
ネイティブ相手に交渉をするような人であれば、
TOEICに出てくるそういった場面の表現を
なるべく言えるようにトレーニングしたり、
メールでのやり取りが中心の人は、
メール文章をテンプレートのように覚えて
同じように書けるようにすればいいということです。


ただ合否やスコアで一喜一憂するのではなく、
あなたが実際に使う英語を想定して、
試験を教材の一つとして使っていかなくてはなりません。


試験を受けた後に、
どれくらい復習しているのか?
試験の反省を生かして、
弱点を克服しているのか?
そもそも試験に向けて
徹底して対策を行っているのか?


学校でず〜っと言われてきていることだと思いますが、
試験を受けるときには、
本番以上に、準備と反省が大切なのです。
言い方を変えれば、試験は本番ではないのです。


本番とは
あなたが実際にネイティブ相手に英語を使う場面なのです。
英文を読んだり書いたりしてやりとりしたり、
話して聞いて会話をしたり、
そういった場面こそが本番なのです。


だから資格を取るために勉強するのではなく、
英語ができるようになるために
資格試験を上手に使って勉強をしてみてください。


自分がどういった必要性があって英語を学んでいるのか、
その目的や本質を見失ってはいけません。


そこを間違えてしまうから
TOEIC800点でも話せない
みたいなことが起きてしまうのです。
TOEICを使って話すためのトレーニングをしなかったのであれば、
話せないのは当然です。


あなたがなぜ英語を習得したいのか、
どう英語を使っていくのか、
それを常に考えながら工夫することが
資格試験を「意味のある」ものにするコツです。

コメント


認証コード6137

コメントは管理者の承認後に表示されます。