【つぶやき】プロフェッショナルに対するタブー

『情熱大陸』か『プロフェッショナル〜仕事の流儀〜』からの
取材オファーを心待ちにして、
衣装とかセリフとかしっかり考えてあるけれど
一向にお呼ばれしない、さみーです笑


画像の説明


あなたはピカソの逸話をしっていますか?
ある日のピカソは
とある女性からサインを求めてくるような感じで
「ちょっと絵を描いて欲しい」と紙を渡されました。
ピカソはにこやかに微笑んで、
その場でちょちょっと書き上げたんだそうです。


そしてピカソは
「この絵は100万ドルです」
と女性に告げました。
まさか金銭を請求されると思っていなかった女性は驚いて、
「ほんの30秒で書いた絵がなんでそんなにするんですか?」
と尋ねます。
そのときピカソはにっこり笑って
「違います。30年と30秒です」と言ったとかいう話です。


この話が本当なのかどうかは知りませんが、
少なくてもプロフェッショナルの仕事に対して、
きちんと敬意を表すことの重要性を教えてくれる
いい例だと思います。

当たり前ですが、
一朝一夕で身につけられる技術なんてありません。



少なくても僕はこうして人前で授業ができるように、
膨大な時間と費用をかけてきました。


それを無料のものとして扱われてしまうのは、
自分が講師として取り組んできたことに
あまり価値を見出せてもらえていない気がしてしまいます。


そうなると、人は正直なもので
全力でレッスンをしようという気にならないんですよね。


だからプロフェッショナルとしては
無責任なことをしたくないという意味で
しっかりと報酬をいただいた上で
レッスンや仕事・サービスをするようにしています。


教育分野ではこうした部分が
非常にいい加減になってしまっている気がします。
学校が無料だからでしょうか?
(税金でまかなっているんで無料じゃないんですけどね)


逆に言うと、無料で人からなにかを教わるというのは 
あまり効果がないんじゃないかと思います。
やる側も教える側も本気になりにくいですし、
プロフェッショナルとして自覚を持っている人から教わるのであれば
しかるべき報酬は発生するのが当たり前だと思うからです。


いろんな意見があるとは思いますが、
少なくてもプロフェッショナルから
何かを教わってスキルを習得しようとするのであれは、
それなりにお金をかけるということも必要なのだと思います。


お金をかけるからこそ、
学習者も本気になりますし、
しかるべき報酬が発生するからこそ、
教える側も自身のスキルを磨いて、
いい授業をしようという姿勢が生まれ
いい緊張感が生じるのではないでしょうか?

コメント


認証コード4481

コメントは管理者の承認後に表示されます。