過去問をやるだけじゃダメな理由

英語学習インストラクターのさみーです。


画像の説明


あまり大人は受けないかもしれませんが、
英語検定があと2週間後に迫っています。


これ、受けておくといいですよ。
いまは昔に比べて進化していて、
リーディング・リスニング・ライティング・スピーキングと、
いわゆる英語の4技能をバランス良く測ってくれます。




さて、今日は試験対策のお話。




対策というと、だいたいは
過去問を買って解いて練習
というのがほとんどではないでしょうか。

もちろん、それは間違いではないんですが、
ただやっただけでは当然ながら実力はつきません。
過去問をやるには


1.十分なインプット(特に語彙)
2.本番と同じ環境での演習
3.解説を熟読してインプット



の3つの作業が必要です。


まずはしっかりと語彙をおさえること。
大体の資格試験では単語帳が出ているので、
その最初のレベルだけでもマスターしてください。


次に、本番とできる限り同じ時間帯で、
なるべく邪魔の入らない、
本番と同じようなシチュエーションを作って
(会社の会議室使うなど)制限時間通りに実践します。


そして、弱点のパートや問題形式、
知らなかった単語や文法、表現を
ノートか何かにおさめてインプットします。


最後のインプットは
必ず諳んじてください。
何も見ずに声に出せるレベルでなければ
習得したとはいえません。


単語なら例文を調べて、使い方とともに覚える
文法なら文法書を調べて、ルールと感覚を身につける。
大西泰斗先生の『1億人の英文』がおすすめです。


長文なら読み方の公式をマスターして
なるべく類題をかき集めて読解練習。
TOEICなら読解パートのコツみたいな本が
ごろごろ売っていますし、
王道の読み方を身に付けたいなら
横山雅彦先生の『ロジカルリーデイング』シリーズがおすすめです。



読むスピードを上げたいなら
ラダーシリーズなんかを使って音読しまくるのもいいですね。


とにかく過去問をただやって採点しておしまい
というやり方ではスコアは伸びませんし、
英語力も高まりません。


どうせやるなら、
使える英語力を磨きつつ、試験のスコアアップを狙ってみてください。

コメント


認証コード3402

コメントは管理者の承認後に表示されます。