語彙力が足りない?

英語表現のニュアンスをきちんとおさえて
ネイティブと堂々と渡り合える英語力を鍛える専門家、
英語学習コンサルタント・語学書ソムリエのさみーです。


画像の説明


生徒さんから一番多く頂く質問が
「語彙力が足りない」という悩みです。


語彙不足を感じて単語帳を買ってみたはいいが、
いっこういん覚えられない・続かない
という人も多いのではないでしょうか?


たしかに、語彙は多ければ
それに越したことはないと思いますが、
ぼくの実感としては
英検で2級〜準1級くらいの単語力があれば
会話をする上では語彙不足というような印象は受けません。
(読み書きの場合は違いますが)


「聞く」「話す」といった技能の上で(つまり、会話をする場面で)
「語彙力が足りない」と感じている人の多くは、
知っている単語の量というよりも
①音が聞き取れていない
②単語の使い方を知らない
という方が近いような気がします。


①については
「聞く」場面で語彙不足を感じる人が
当てはまることが多いです。


会話では発音はけっこう崩されます。
一個一個の単語を綺麗に発音してくれるわけではありません。
だから知っている単語も知らない単語に聞こえてしまい
「語彙が足りていない」と感じてしまうんです。


ここをクリアするためには、
テキストや英文を見ずに、耳だけを使って聞く
読まれていた文をチェックする(聞き違いのチェック)
音声をきちんと真似て声に出す
というトレーニングを取り入れることをおすすめします。


プラス、発音についての知識を知っておくと
さらに聞き取りが楽になります。


例えば、強調している時を除いて
キャンと聞こえる時はたいていはcan’tです。
canのときはクンという音に聞こえます。
(ぜひ洋画や海外ドラマで
チェックしてみてください)


こういったことを知識として知っていると
あとは文脈(話の流れ)で相手が何と言っているのかを
判断しやすくなります。




それから②の単語の使い方について。
これは自分が英語を「話す」時に
「あれ?これ英語で何ていうんだ?」
となってしまって語彙不足を感じるということです。


例えば「浪費する」という単語は
profligateというのですが、
これを使う人はあまりいませんし、
たぶんほとんど通じません。
この単語はThe New York Timesで
もっともよく調べられた英単語50 Fancy Wordsで
第5位の単語です。
ふつうはwasteで十分です。


むしろ変に難しい単語を使うと違和感があったりします。


それがわかるシーンが『フレンズ』に出てきます。
ジョーイが推薦文を書く時に少しでも賢く見せようと思って
類語辞典を使いまくり難しい単語で文を作ったら
意味が通じなくなったというくだりです。
(シーズン10エピソード5)


『フレンズ』のような海外ドラマを見ているとよくわかりますが、
ふだんの会話ではそんなに難しい単語は使われません・
とくに真面目な人ほど
1個でも知らない単語があると「語彙不足だ」と感じてしまうようです。
それよりもまずは自分の知っている単語が
どう発音されるのか?
どう使われるのか?
という2点からせめて語彙を強化した方が
効率がいいと思います。


語彙を増やすには
もちろん単語帳も有効ですが、
ある程度基礎単語が入っている人はなるべく生の英語
(英語スピーチや英字新聞、洋書・洋楽・洋画・海外ドラマなど)
から自分が「聞き取れない」「言えない」表現をひっぱってきて
「発音」と「使い方」を覚えていく方が効果的です。


できれば文脈があるといいですね。
表現は使われるシチュエーションをしっかりイメージして
インプットしておくと
その場の状況にでくわした時に自然と口から出てきます。


ぜひ試してみてください。

コメント


認証コード4755

コメントは管理者の承認後に表示されます。