英語チャンネルもってますか?

英語表現のニュアンスをきちんとおさえて
ネイティブと堂々と渡り合える英語力を鍛える専門家、
英語学習コンサルタント・語学書ソムリエのさみーです。


画像の説明
*ネイティブの友達が「まとい」の調香に来た時の写真
→オリジナル香水「まとい」はこちらからhttps://matoi.sekizen.co.jp


みなさんはこの1週間でどれくらい英語を使いましたか?
勉強じゃないです。実際に英語を読む書く聞く話すなどして
人とコミュニケーションをしたかどうかです。


読書もOKです。字幕なしの海外ドラマや洋画もOKです。
(作り手とのコミュニケーションですからね)
とにかく教材用の英語ではなく、
実際にネイティブたちが使っている「生の英語」に
どらくらい触れる機会があるでしょうか?


ぼくはこの「生の英語」に触れる機会を
“英語チャンネル”と呼んでいます。


テレビってチャンネルをひねれば
(昭和っぽい表現ww一応、昭和63年生まれなので)
バラエティからドラマへと
場面や世界ががらっと変わりますよね。
そうやってぱっと「生の英語」の世界に入れる媒体を
あなたはいくつ持っていますか?


英語をマスターしていく上で
学習効率やモチベーションにつながるのは
なにより「実際に使う」場面があるということです。


英語はどんな形であれ「使う」ことで
スキルも上がっていくものです。


「あ、この表現知ってる!」とか
「よかった。通じた」「わたし、英語話せてる」という
実戦での喜びがモチベーションにつながるからです。


逆に英語は「実用」しなければ(使わなければ)
絶対に伸びません。多くの英語マスターを知っていますが、
英語を実際に使う必要性がない人で
マスターしたという話は聞いたことがないです。


むしろ、英語学習がうまくいかない人は
英語を使う場面、つまり英語チャンネルをつくれていないために
「モチベーションが続かない」
「なかなか話せるようにならない」
「できるようになっている実感がわかない」
となって、うまくいかないということが多くあります。


なので、実際に「使う」場面をふやして
しっかりと「実用」しながら学習を進めていくことを
おすすめします。




しかも「生の英語」に触れていると
なんとなくですがネイティブのコミィニケーションのリズムというか
ナチュラルな会話の持っていき方や
表現の仕方というものが感覚的にわかってきます。


小さい頃、好きなアイドルやヒーローのテレビばかり見ていたら
口調や仕草が同じになったっっていう経験はありませんか?
脳の中にあるミラーニューロンというもののせいで、
人は意識せずとも毎日触れている「会話」や「文章」から
自然と学習して真似をしてしまうものなのです。
(だから親子は似るんですね)


毎日ちょっとずつネイティブのリズム感覚をしみこませることで
いざ自分がそれをする場面になったときに
まるで人格が変わるようにネイティブの自分が現れてきます。


ちなみにぼくは
●海外ドラマや洋画
●洋書や英字新聞、ネットニュース
●オンライン英会話や英会話スクール
●ネイティブの友達とのメッセージのやりとり
●英語でのひとりごと
といった感じに5つくらい持っていて
少なくても毎日何らかの形で「生の英語」に触れています。


注意したいのは
できるだけ「発信」するチャンネルもしっかり持つことです。
それこそ最近はSNSがありますから
英語でfacebookやtwitterに投稿するというのも
良いと思います。


友達の友達あたりにネイティブは必ずいるものです。
その人を紹介してもらうなりなんなりして、
友達になったりフォローしてみてください。
それでネイティブからコメントとかがもらえれば
きちんと通じているって感じられますからね。


やるかやらないかはあなた次第。
さぁ、チャンネルをひねって
英語の世界へ没入してみましょう!

コメント


認証コード9073

コメントは管理者の承認後に表示されます。