効果的な英語学習 その2「お金と人」

爽やかな笑顔と穏やかな語り口で
ビシバシ勉強させる英語学習コンサルタントのさみーです。

画像の説明

これはビジネスのお話でもよく出てくるのですが、
英語学習にもつながるとこがありますので、
紹介したいと思います。

「同じ内容のセミナーが
1000円と5000円で受けられるとします。
どちらが出席率が高いと思いますか?」

参加者数ではありません。
申し込みに対して実際に来る人の数です。

おそらくあなたは答えが分かっていると思います。
そうです、5000円のセミナーです。
なぜでしょうか?

答えは単純で
人は自分にお金をかけると本気になるからです。
いまの自分にとって「いいや」と思える値段ではなく
「ちゃんとやらないと損する」「もったいない」と思えるくらい
高額のお金をかけることが大切です。

ただし、注意が一つだけあります。
人の意識というのはそう長くはもちません。
だから、「お金をかけた」という意識が残る期間で
完結させる必要があります。

長期的にだらだらやると
お金をかけている意識が薄れていくので、
短期集中で(3ヶ月くらい)いくのがおすすめです。

そしてもう1つポイントがあります。
それは「人とかかわる」ということ。

ぼく自身、学生の頃に
動画とテキストで学べる英語教材を買ったことがありますが、
結局最後までやりきりませんでした。

自分一人でやっていると
どうしても甘えがでたり、
自分の都合でいい加減になりがちなんです。

授業に他の人がいるから迷惑をかけられないとか
先生から宿題が出されているとか、
悲しいですが人はそういった強制力がなければ
本気でやりません。
(もちろん、そうでなくストイックにやれる人もいますが)

一流のスポーツ選手でもコーチをつけていますね。
あれは、客観的に見てもらいたいというのもありますが、
サボらないように監視してほしいという意味もあると思います。
それくらい人は弱い生き物です。

逆にだれかのためにとか
他の人の存在を意識すると
頑張れたりします。

ぼくも仕事柄、生徒さんからの質問に答えるためだったり、
みなさんにより良い英語学習のヒントをあげられるように、
と意識しているから、自分自身でいろんな勉強を試せるわけです。

(たぶん、ぼくは人に教える機会がなくなれば
英語の勉強はしなくなると思います笑)

英語を本気で身につけたいと思うなら
①お金をかける(期限を設けて)
②人とかかわる
この二つのポイントをおさえれば、
あなたもきっと本気になれはずですよ。

コメント


認証コード2659

コメントは管理者の承認後に表示されます。