TOEFL対策/IELTS対策中に人生の創造性を思う

英語表現のニュアンスをきちんとおさえて
ネイティブと堂々と話せる英語力を鍛える専門家、
英語学習コンサルタント・語学書ソムリエのさみーです。

画像の説明

ずいぶんと更新が遅くなってしまいました。
ここ最近、英検・TOEICだけでなく、
TOEFLやIELTSの対策も始めていて、
問題の分析や単語の暗記、学習法の研究などで
こっそりと活動していました。
社会人留学を考えているという人から希望の声があったもので。

対策をしながらふと思ったことを。
これは私見ですが、
社会人になってから自身の成長を止めてしまう大人って
残念ながら多いんではないかと思っています。

仕事ができるようになるというのは
日々のルーティンや与えられた仕事を
器用にこなせるようになっただけで、
"本質的な向上"とはちょっと違うのだと思います。

"人生の創造性"ということを考えた時に
自分自身の創造性を高めるための修行をしている人は
どれくらいいるのでしょうか?

いろんな本に書いてありますが、
自分自身を変えられるのは自分自身ですし、
人生を創造するのは自分の役目です。

だからこそ、"社会人留学"という道の相談を受けた時に
自分の可能性をどこまでも広げていく情熱のようなものを
教えてもらいました。

留学が全てではないと思いますが、
それでも日本の偉人たちを見ると
海外へ出ることで改めて日本のことを考えたり、
自身の世界観を大きく改めた人がたくさんいます。

留学というのは
何も海外の大学で学ぶことだけを指すわけではありません。
今まで行ったことがないような場所で
そこに学びがあれば留学になるんだと思います。

社会人になってからも新境地で自分を試しながら
鍛えていくという姿勢を
自分自身も忘れていたような気がします。
TOEFLやIELTSはぼくにとって新しい領域ですが
とことん自分の英語力を試しながら鍛えていこうと
思っています。

コメント


認証コード9070

コメントは管理者の承認後に表示されます。