今まで勉強してきたことは無駄ではない。

けれど、、、

多くの英語学習者は勉強のための学習をしています。昔のわたしのように、英語教材や英会話スクールで与えられた課題に一生懸命取り組んでいます。それはそれで、役に立つこともありますし、楽しいと感じることもあります。けれどそれはスポーツでいうなら、ひたすら筋トレに励んでいるだけの状態です。

どんなに素晴らしい筋肉をもっていても、それを上手に使いこなせなければ意味がありません。練習試合や実際に身体を使ってみることで、はじめて鍛えた筋肉が有効に機能するんです。「実際に使えた」という経験が、「もっとやろう」というモチベーションにもつながります。

英語も同じです。いくら英語教材や英会話スクールでやっていても実際に使ってみなければ、本当には身につかないですし、長続きしないんです。

画像の説明


日本で英語は使わない!

“英語を使う”と一口に言っても、具体的にはどうすればいいのでしょうか?外国人の友達や同僚がいるわけでもないし、そんなに頻繁に外国人から道を聞かれるなんてことはまずありえません。ましてや日本に住んでいながら英語で生活するなんてことは考えにくいと思います。

そこで役に立つのが洋書・海外ドラマ・英字新聞です。本を英語で読む、音楽を英語で聞く、海外ドラマを英語で楽しむ。教材化されたものではなく、ネイティブが楽しんでいるコンテンツを、同じように楽しんでみるんです。

わたしたちは日本語を”習得”しています。生まれた時から話せたわけではありません。何年もかけて、お母さんから本の読み聞かせをしてもらったり、自分で声に出して読んでみたり、テレビで言っていたセリフをまねしてみたり、、、日本語を学ぶことを目的とするのではなく、コンテンツを楽しむことを目的としながら、インプットとアウトプットを繰り返して、自然と日本語を学びとっていたはずです。

もちろん、母国語と第二外国語は別物なのでまったく同じようにとはいきませんが、少なくても「教材としての英語」ではなく「実際に使われている英語」に数多く触れることが必要なのは明らかだと思います。

そして英語学習者の多くに足りていないのが、この「実際に使われている英語に触れること」なんです。

画像の説明


英会話スクールや英語教材の本当の使い方

「英語を使いながら学ぶ」ようになってからは明らかに英会話スクールの使い方が変わりました。とにかく自分が楽しんだコンテンツをシェアして、わからなかったところや腑に落ちなかったところ、気になったところをネイティブに質問しまくったんです。

英会話スクールが用意しているテキストもいいんですが、それ以上に自分が学んできたものを教材にしてもらったほうが楽しくできますし、身につきます。今では、ネイティブとの距離も縮まって友達と自分の趣味や好きなこと、人生について語らいあっているような時間になっています。

英会話スクールや英語教材を使いこなせない人は、ただ単に用意された課題をこなしているだけです。教材に書いてあることしか学ばないので、疑問に思うべきところやおさえておかなければならないニュアンスもスルーして単に丸暗記で終わってしまいます。ちゃんと理解していないから、いざってときには使えない表現をストックしているだけに終わっています。それでは、英会話スクールに通っている意味がありません。

英会話スクールに限らず、どんなシステムや教材でも、それをうまく効果的に使える人とそうでない人にわかれます。ほとんどの日本人は中高で英語を習っているにもかかわらず、その英語力には大きな差がありますよね?その違いはどこから生まれるのでしょうか?

その違いを生む違いが”英語のOS”です。

画像の説明


英語を話すときの頭の中

違いに気がつく→ニュアンスを学ぶ→実際に使ってみる

英語ができる人は自然とこのプロセスで英語を学びとっています。

洋書を読んでいて、あるいは海外ドラマを見ていて、自分が学んだ表現に出くわした時に
そのニュアンスを感じ取れるかどうか、なぜその場面でこの表現が使われているのかがストンと腑に落ちたとき、あなたの英語力はぐっと上がっているのです。

実際に例をあげてみましょう。

例えば、あるオーディオ教材で、
「コーヒーが欲しいのですが」という意味で
”I’d like some coffee.”と学んだとします。

大抵の人は、これをそのまま丸呑みして覚えます。

けれど、英語が話せるようになる人は
「なぜ want じゃなくて would like を使うのだろう」と気がつくのです。

そして want と would like のニュアンスの違いを学びます。
英語表現の「ニュアンスの違いがわかる」ようになると、
例えば洋書や海外ドラマをみて
「どうやって would like が使わているのか」をインプットできるようになります。

その英語表現のニュアンスや意図が感じられるようになれば
実際に自分が話す時にもイキイキとした、感覚の通った英文として
使い分けることができるようになります。

画像の説明


特別な勉強をしなくても、資格試験も合格できる

わたしはそれ以降、例えばTOEIC対策本とか、英検対策のテキストを使ったことがありません。ですが、今では英検準1級とTOEIC800を持ってます。もちろん、もともと受験指導をしていた講師ですからテストのテクニック的なものを使っているというのは否定できません。けれど、英語で本やドラマを楽しみながら、試験に対応出来るボキャブラリーや表現をどんどんインプットすることができました。

本屋さんで教材を手に取る時があるのですが、「この表現はあの本のあのシーンで使われていたなぁ」「このフレーズ、あのキャラクターがよく言うんだよね」
といった具合に実際に使われる場面が目に浮かぶのです。

だから、ぱっと見つまらなそうなフレーズ集や単語帳も今では楽しく勉強することができます。英語の学習が楽しくなって自然と加速していくのが “英語の違いを知る”メリットです。


違いがわかれば英語ができる

違いに注目すれば

新しい表現に触れた時に、丸暗記でなく理解をして

マスターすることができるようになります。

すると、いろんな場面で適切に応用させることができるのです。


なんでこの表現を使っているんだろう?という「気づき」がうまれます。

この「気づき」によって、学びが加速します。

一つの表現にいろんな状況イメージやニュアンスを加えて、

自分なりの英語感覚を作り上げていくことができるのです。

画像の説明


英語の違いを学ぶと・・・

[check] 自分の英語に自信が持てる
[check] 表現を使い分けられる
[check] 英語学習が止まらなくなる
[check] 英会話教室や教材をより活かせるようになる
[check] 表現を味わったり、相手のキモチを汲み取れるようになる


覚えたフレーズだけの会話だけでなく、

思いや気持ちを自由に伝えられる英語力。


ばらばらに覚えるのではなく、

しっかりと全体像を捉えてつながり意識して、

英語の仕組みを全体的に理解します。


さぁ、はじめましょう。

新しい英語の世界が始まります。

画像の説明


画像の説明

画像の説明

画像の説明



この3つをおさえれば英語が「わかる」ようになります



【発音】Pronounceation

英語はとにかく声に出すことが大切です。けれど、間違った発音でいくらトレーニングをしても、効果的ではありません。
まずはじめに、英語のリズムで英文を発音できるようにすると、読んだり聞いたりするスキルを鍛える上でも役立ちます。
なにより、かっこいい発音ができると、英語が楽しくなっていきます。


【文法】Grammer

学校で習ったような、小難しい用語を覚えたり、よくわからない〇〇用法とかルールの丸暗記は必要ありません。
英語の文がどんな発想で作られているのか、ニュアンスや感覚の違いというものから学び直していくと、
単なるフレーズの丸暗記ではなく、自分の伝えたいことをきちんと表現できる英語力につながります。


【単語】Vocabulary

そもそも単語や表現を知らなければ、英語はわかりません。
ただ、受験生の頃にやったように日本語訳を覚えるだけでは不十分です。
同じ「見る」でもsee/look/watchなど色々あるように、単語がそれぞれもつニュアンスやイメージ、
使われ方をおさえると、より実践的に使える形で語彙力を鍛えることができます。




発音と文法と単語の学び方

ともかく英語を一から身につけようと思うなら、まずは発音と文法と単語をなるべく早く習得してしまうことです。
ただし、丸暗記では意味がありません。きちんとしたやり方で取り組むと、そのあとの学習に大きな違いが生まれます。